大切な自宅売却で損している人は意外と多い!

自宅を売却している人から、「どこどこの不動産会社に仲介依頼したら成功した」「あそこに頼むといいよ」など話を聞いた事ありませんか?また不動産に詳しい人からアドバイスを貰った人いませんか?

どこまで話しをしてアドバイスなどをくれたかわかりませんが、簡単に他人のアドバイスを信用することはオススメしません。売却した方の話しは参考になる部分が確かにありますが、売却時期も違えば、仲介してくれた会社、担当者、買主が違えば、同じように話しが進むとは限りません。

他人を信用しすぎると損する可能性が高くなってしまいます。

こんな話を信用する人は自宅売却で失敗しやすい

これから、売った事のある人との会話でよくある話を例に、信用して売却すると失敗しやすいという話をしていきます。

○○不動産に頼むといいよ

私は○○不動産に依頼したら売れたからオススメだよ!なんて言ってくる人の言葉を信用してはいけません。その人は本当に成功してしたのでしょうか?単に売れただけではないのか?もしかしたら相場よりも低く売られているのでは?など、売却経験があるからと言って、その人の言葉を簡単に信用してはいけません。○○不動産が良いか悪いかはわかりませんが、少なくとも、どのような不動産なのか、相場よりも高く売れたのか?どんな戦略だったのか?

色々と話をしてくれた上で判断しないといけません。もしその言葉を信じて仲介を依頼して低い価格で売るはめになったら絶対に後悔します。少なくともマンション、戸建てどちらが得意で、どのような物件を得意としているのか、これまで売却してきた物件や戦略を聞いた上で依頼すべきです。

地元密着型の不動産会社に頼むといいよ

地元密着型と大手のどちらに仲介を依頼するのかで悩む人は非常に多いと思います、中には、タイトルの通り地元密着型の方がいいよ、大手の方がいいよ!など言われた事がある人もいるでしょう。ここで注意してほしいのは、「地元密着型がいいよ」という人は地元密着型で成功した人でしょうし、「大手がいいよ」という人は大手で成功した人だと思います。どちらにしても両方試したのか、片方しか試したかはわかりませんが最終的に成功した方の事を「いいよ」と言っているだけです。

両方利用した人の意見は参考になるでしょ?と思われるかもしれませんが、両方利用していても結果的に成功しただけであってこれだけの情報では全く参考になりません。

もし参考になるとしたら、どのような特徴を持った物件を売る為に、地域情報を沢山もった地元密着型の不動産屋を見つけて、話をきいたら、同じような物件を扱っていて、これまでの事例や最近売却した事例など細かく説明してくれて・・・など具体的に物件の特徴や不動産会社の特徴を話してくれた上での大手、地元がいいよという話なら、その過程は参考になります。しかし単に大手、地元という話は自宅の売却に当てはまるかはわかりません。

大手であっても90%以上マンションしか扱っていないという会社もあり、戸建てを得意としていない会社もあります。注意すべきは売却物件と相性のよい不動産会社を選ぶ事であって大手、地元で選ぶ事ではありません。選ぶ基準は色々ですがマンション 売却 相場や得意分野(1K,3LDK)など比較した上で選ぶべきですね。

業者との契約は専任よりも一般がいいよ

業者との媒介契約においても専任がいい一般かいいと悩む人がいます。専任媒介の方が不動産会社の利益の関係でモチベーションが上がりやすい、一般媒介は専任と違い複数の業者と同時に契約できるので幅広く物件の情報を広めることができるなどありますが、まずは、自分の物件の場合どうなのかを考える事が先決です。

大手か地元かでも言いましたが、専任か一般かでも同じ事が言え、誰かが専任の方がいいよと言っても、その人が専任で成功しただけです。

例えば、誰がみても魅力的な物件の場合、一般媒介契約をすると、通常であれば他の不動産会社に取られると利益にならないからと思いモチベーションが低下すると言われますが、魅力的な物件の場合、売れる可能性が高いので、もしも他の会社に取られたとしても「すぐに売れる」という感覚があれば、時間的な損失も少なくてすむので、一般媒介であってもしっかりと売却活動を行います。その為、専任媒介よりも良い場合があります。

物件によって媒介契約を選び方は変わってきます。その他にも、専任媒介で依頼したいけど、1社に絞りきれなかった方、どの会社がよいか判断できなかった人などは、とりあえず一般媒介で契約し売却活動の結果次第で専任媒介契約を結ぶ会社を決めるという事もあります。

どちらが良いかは、他人から言われた言葉だけを信じてはいけません。調べるとわかりますが、実際に取引した人がどの媒介契約を結んだかのデータをみると、地域によって一般が多かったり、専任が多かったりします。地域によっても選び方が違うという事ですね。人の言葉ではなく不動産の事を考えた上で選択しましょう。

根拠やいきさつの無い他人の話は時として邪魔な情報となる

売却経験者の話などは、ある意味で参考になる部分がありますが、上述してきたように、根拠や売却に至るまでの経緯がわからなければ、参考にすべきではありません。あやふやな情報を参考にしてしまうと、後悔する可能性が高くなります。

あくまで他人の話は、その人が成功した事例はこんな感じ程度に考え、自宅売却においては自宅を基準として考えた上で選択することが大切です。

自宅売却で損

COPYRIGHT© 2016 自宅売却で損 ALL RIGHTS RESERVED.